gv-yamasauvignon

 

ヤマ・ソービニオンは 品種登録番号第2457号、1990年山梨大学が、日本では栽培が容易ではないヨーロッパ系のワイン専用品種に、日本の気候風土への適応と病害虫への耐性の付加を目的として、母系品種を日本の在来種であるヤマブドウVitis coignetiaeとし父系品種はカベルネ・ソービニオン(Cabernet Sauvignon)を交雑し実生選抜し作出した品種。 尚、ヤマ・ソーヴィニヨンの日本語表記は誤り。

 

 

[最終更新日]: 2015年9月18日