gv-yamabudou

 

果実を生食あるいは果実酒にしていたが、近年、ワイン、ジャム、ジュースの原料として活用する動きがある。 従来、野山で自生しているものを収穫することから、ほ場で栽培することを始める地域がみられ始めた。 日本語古語ではエビカズラと言い、日本の伝統色で山葡萄の果実のような赤紫色を葡萄色(えびいろ)と呼ぶのはこれに由来している。 続きは出典元へ。 

[出典元]: ウィキペディア

 

[最終更新日]: 2015年9月18日