gv-viognier

 

ヴィオニエ(Viognier)は、主にフランス・ローヌ地方で栽培される、強い芳香が特徴の葡萄品種である。 主としてフランスのローヌで、コンドリューやシャトー・グリエといった非常に小さな地区で使われる。 比較的栽培量の少ない品種ではあるが、近年アメリカやオーストラリアなどでの生産が増えている。 酸味が少ないため醸造は難しい方である。 シラーズにわずかにブレンドされることもある。

 

 

[最終更新日]: 2015年9月18日