gv-sauvignonblanc

 

ソーヴィニヨン・ブラン (Sauvignon Blanc) は、白ワイン用では作地面積第三位のメジャー品種で、主にフランスのボルドーやロワール地方で栽培されている。 近年香り(アロマ)の強いニュージーランド(主にマールボロ(Marlborough)地区)産のものが世界的に有名になった。 このワインのアロマを専門家は「青草のよう」や「ハーブのよう」などと形容し、時には「雄猫のよう」「猫のおしっこ」などの表現がなされる。 ピーマンのようなアロマはメトキシピラジン(Methoxypyrazine)に由来する。 カリフォルニア産のワインはオークが用いられるためアロマとフレーバーがより複雑でフュメ・ブラン(Fume Blanc)と呼ばれる。 実の色の異なる「ソーヴィニヨン・ヴェール」(Sauvignon Vert)やソーヴィニヨン・グリ(Sauvignon Gris)などが知られている。 

[出典元]: ウィキペディア

 

[最終更新日]: 2015年9月18日