gv-riesling

 

ドイツでは1995年までは収穫率の良いミューラー・トゥルガウが栽培高1位だったが、1996年の統計ではリースリングがこれに代わっている。 現在、世界でおおよそ5万ヘクタール弱の栽培面積をもつ。 リースリングは冷涼地での栽培が望ましく、粘板岩、石灰岩、火成岩土壌に適応し晩熟で耐寒性に優れる。 ドイツでは糖度による格付けのためリースリング種のワインは甘口に仕立てられることも多く、花のような、強くて上品な香りと心地よい甘みがあり、とくに最高級品のトロッケンベーレンアウスレーゼTrockenbeerenausleseは、クローバーの蜂蜜のようなまったりとした香味がある。 世界的な辛口嗜好から、現在ではドイツにおいても辛口リースリングの生産量が多くなってきている。 隣国オーストリアにおいてもリースリングは栽培されており、こちらは伝統的に辛口ワインに仕立てるのが主である。 続きは出典元へ。 

[出典元]: ウィキペディア

 

[最終更新日]: 2015年9月18日