gv-muscatbaileya

 

母親のベーリー種はアメリカ系生食用品種であり、父親のヨーロッパ系のマスカット・ハンブルク種はワイン用よりも生食用として人気が高い品種である。 マスカット・ベーリーAの着芽は遅く、春季の降霜を避けることができる。 一方で果実が熟すのは早く、秋季の降霜を避けることができる。 寒さや湿気の多さに強く、日本の気候に適している。 栽培は容易であり、糖度は20度前後にも達する。 濃いピンク色の果皮が特徴。 果皮は厚く、果実は大きく、菌性の病害への抵抗性が強い。 甘く濃厚なブドウであるため、当初は甘口ワインに使用されることが多かったが、近年には辛口に仕上げた軽やかな早飲み用ワインが人気となった。 濃く鮮やかな色調であり、果実味が強く、渋みや酸味は弱い。 イチゴのような香り、まろやかな渋みが特徴である。 生食用にも栽培されている。 セパージュワインの他には、マスカット・ベーリーAをメインとしてメルロー種やカベルネ・ソーヴィニヨン種をブレンドしたワインも生産されている。 続きは出典元へ。 

[出典元]: ウィキペディア

 

[最終更新日]: 2015年9月18日