gv-kyoho

 

巨峰(きょほう)とは、ブドウの品種の一つである。 大井上理農学研究所の大井上康が、1937年より石原早生♀(ヨーロッパブドウ ヴィニフェラ種 Vitis vinifera x アメリカブドウ ラブルスカ種 Vitis labrusca)とセンテニアル♂(ヨーロッパブドウ ヴィニフェラ種 Vitis vinifera)を交配させて作出した日本原産のブドウである。 開発当初は「石原センテニアル」という品種名が付けられていたが、商品名であった「巨峰」の名称が広く普及したために現在では「巨峰」が品種名として定着している。 名称の由来は大井上理農学研究所から見える富士山の雄大な景観にちなんで作出者の大井上康によって命名された。 他の種類のブドウと比べて、実が大きいことから、「ブドウの王様」とも広く賞賛されている。 巨峰の形質濃度はヨーロッパ種が3/4、アメリカ種が1/4である。 続きは出典元へ。

[出典元]: ウィキペディア

 

[最終更新日]: 2015年9月18日