gv-kiyomai

 

この品種は、「清見(セイベル13053号の選抜系統)」に山ブドウを交配して育成されたもので、果皮の色が紫黒、果粒が円で小粒の育成地(北海道中川郡池田町)において10月中旬に成熟する醸造用品種である。 樹の拡がりは中、樹勢はやや弱である。 熟梢の太さは中、色は紫褐,節間横断面の形は楕円、表面の形状は細溝あり、幼梢先端の色は薄赤、巻きひげの着生は3以上である。 花穂の着生数は中、花性は両性、花粉の多少は中である。 成葉葉身の形は五角形、裂片数は全片、葉身横断面の形は樋状、葉縁鋸歯の形は両側直線、葉柄裂刻の一般的な形は開く、成葉上裂刻の一般的な形は無、成葉の大きさは大、上面の色は緑、葉柄の色は紅、成葉の下面葉脈間の綿毛の密度は粗、下面主脈上及び葉柄の綿毛の密度は無~極粗、中肋に対する葉柄の長さの比は短、葉柄の太さは中である。 穂梗の太さは細、長さは中、色は淡紅である。 果房の形は有岐円筒、大きさはやや小、長さは短、着粒の密度はやや密、果梗の太さは細、長さは中、色は緑である。 果粒の形は円、大きさは小、果皮の色は青黒又は紫黒、果粉の多少はやや多、果皮の厚さ及び果皮と果肉の分離性は中、果肉の色は不着色、肉質は中間、甘味は高、酸味は極多、渋味は無~極少、香気は無、果汁の多少は少、種子の数は中、形は短、大きさは中である。 発芽期及び開花期は早、成熟期は早で育成地において10月中旬である。 果実の着色の難易は散光着色、花振いの多少は少、無核果粒の混入及び裂果の多少は無~極少、果梗の強さは強、果梗と果粒の分離は中である。 「清見」と比較して、葉が大きいこと、酸味が多いこと等で、「ピノーノワール」と比較して、葉身横断面の形が樋状であること、酸味が多いこと等で区別性が認められる。

[出典元]: weblio

 

[最終更新日]: 2015年9月18日