gv-kaiblanc

 

本種は山梨県果樹試験場において昭和44年(1969年)に「甲州」に「ピノー ブラン」を交配し、昭和48年(1973年)に初結果 したもので、平成2年に農水省育成農作物新品種となった、ワイン用専用種である。 当所は山梨県知事の許諾を得ている。 本種の果 房は円筒~円錐形で220g程度。 粒着適度。 果粒は短楕円形小粒2g。 黄緑~淡紅色、果 粒少なく、果皮と果肉の分離は容易。 肉質は塊状、糖度は19度程度で高い。 酸は高く、渋味、香気はない。 果汁は多。 9月中旬の熟期。 花振いは少なく、裂果は無い。 果梗は強く脱粒性はない。 収量は10a当たり2t程度。 樹勢は強く、葉は五片葉で葉柄裂刻はやや重なる。 白ワイン用専用種で、甲州より粒は小さくピノー ブランより大きく、中間的特性を持つ。 甲州種の作り易さを受け継ぎ、耐病性も高く、栽培は容易。 晩腐病にはやや注意が必要である。 耐寒性は比較的強く、北海道と本州の寒冷地を除けば、栽培可能。 平棚、垣根栽培とも結実は安定しているので、どちらの栽培も可能である。 ピノーブランからワイン専用種としての形質を受け継ぎ、酒質は比較的良好で甲州に優り、フルーティーで香り立ちがよく、酸のしっかりした白ワインになる。 国産ワインのため甲州に替わる新専用品種として期待される。 

[出典元]: 植原葡萄研究所

 

[最終更新日]: 2015年9月18日