gv-concord

 

コンコードは、アメリカ合衆国原産のブドウの一種であるラブルスカ種(別名:fox grape)の栽培品種のひとつである。 生食のほか、果汁飲料、醸造用として加工される。 一般的に狐臭いと形容される強い香りのためにワイン用品種としては好まれないが、カシェルワイン(英語版)として醸造される時もある。 伝統的に、ほとんどのコンコードのワインは甘口であるが、果実の成熟に達成するのが適切な場合、辛口のワインを醸造することも可能である。 コンコードの果皮は通常濃い青や紫色で、多くの場合、白っぽい蝋で覆われている。 果皮が簡単に果実から剥けることから、スリップスキン(slip-skin)品種に分類される。 コンコードの種子は大きく、果実は濃厚な香りを持つ。 コンコードは、カリウムの欠乏から黒葉症(英語版)という生理障害を起こす傾向がある。 続きは出典元へ。 

[出典元]: ウィキペディア

 

[最終更新日]: 2015年9月18日