gv-campbellearly

 

キャンベル・アーリー(Campbell early)は、アメリカで開発された黒ブドウである。 アメリカのジョージ・W・キャンベルがムーア・アーリーに「ベルビダー×マスカットハンブルグ」を交配して育成した品種である。 1894年に発表し、日本には1897年(明治30年)に川上善兵衛により導入された。 果粒は5~6gと小さめで糖度は15度前後である。 日本では、主に北海道、岩手県、青森県、秋田県などで栽培されていて、8月中旬頃から収穫される。 続きは出典元へ。 

[出典元]: ウィキペディア

 

[最終更新日]: 2015年9月18日