gv-cabernetsauvignon

 

カベルネ・ソーヴィニヨンは、代表的な赤ワイン用ブドウ品種の1つである。 もう1つの代表的品種であるピノ・ノワールと比べると温暖な気候を好む。 収穫までに要する期間が長く収量も少ないものの、品質の良さのために世界中の多くの生産地で作付けされている。 ヨーロッパブドウの品種の1つで、1990年代の遺伝学的研究によりソーヴィニョン・ブランとカベルネ・フランとの自然交配によって誕生したことが明らかになった。 カベルネ・ソーヴィニヨンの実は皮が厚く、作られるワインはタンニンを豊富に含むため、長い熟成にも耐え得る。 カベルネ・ソーヴィニヨンの最高級のワインは良年のヴィンテージの場合、10年から数十年間の熟成によって風味が熟成し、飲み頃に達する。 ヴィンテージ(収穫年)の評価は気候によって大きく左右され、同じ銘柄でも収穫年によって評価や値段が大きく異なるのが常である。 続きは出典元へ。 

[出典元]: ウィキペディア

 

[最終更新日]: 2015年9月18日