gv-bacchus

 

バッカス (Bacchus)は、シルバーナとリースリングを交配したものに、ミュラー・トゥルガウを交配させて生まれたブドウで主にドイツで栽培されています。 国内では北海道で多く栽培されています。 マスカットを思わせる香りが特徴的で、甘口や中口に仕上げられることが多いのが特徴です。 樹勢が非常に素直で、新しい幹がまっすぐ伸び続け、病気などにも強く、一本の木から収穫できるブドウの量が多いこともあり、人気が高まっています。

 

 

[最終更新日]: 2015年9月18日