gv-albarino

 

アルバリーニョ(ガリシア語: Albariño: ガリシア語発音: [alβaˈɾiːɲo], ポルトガル語: Alvarinho: ポルトガル語: [aɫvaˈɾiɲu])は、主にイベリア半島で栽培されている白ブドウ品種。 原産地はスペイン・ガリシア地方。 ガリシア語ではAlbariño、ポルトガル語ではAlvarinhoと表記し、いずれも日本語では「アルバリーニョ」と読む。 ポルトガルではカイーニョ・ブランコと呼ばれることもある。 ブドウ畑で栽培した場合には一般的に、1株で30-40の芽を得るためには大きな天蓋で蔓棚を作ることを必要とする。 高温多湿の環境でよく育つ。 アルバリーニョはアプリコットやモモを想起させる独特の香りを持ち、ヴィオニエ種、ゲヴュルツトラミネール種、プティ・マンサン種などに似ているとされる。 アルバリーニョを用いたワインはとても軽やかで、一般的に酸度が高く、アルコール度数は11.5%-12.5%である。 果皮は厚く、種子が多いのが特徴であり、これらがワインに苦みをもたらすことがある。 続きは出典元へ。 

[出典元]: ウィキペディア

 

[最終更新日]: 2015年9月18日